ジミー・スミス・グレーテスト・ヒッツ

ジャズの名盤をアナログLPレコードで聴いてみよう

MENU

スポンサードリンク

ジミー・スミス・グレーテスト・ヒッツ

Jimmy Smiths Greatest Hits!

 

 

 

ジャズオルガンといえば、もちろんジミー・スミス!

 

ファンキーなジミーのオルガンのファンは多いみたいです。

 

僕個人的には、そんなに好きじゃないんですよね・・・
オルガンっていうものに、どうも重厚さを感じないというか。

 

しかも、このアルバムは2枚組みなんですが
「ジミー・スミス・グレイテスト・ヒッツ」って・・・
もう少ししゃれたネーミングが出来なかったんでしょうか?

 

 

そうは言いながら、このアルバムを持ってる自分って
なんなんでしょうか?(笑)

 

久しぶりに倉庫から引っ張り出してきて、よく見ると
けっこう聴いたという痕跡がありました・・・。

 

 

各曲のパーソネルを見ると、皆一流ジャズメンですもんね。
僕のジャズに対する理解が足りてなかったんでしょう。

 

 

 

 

 

このアルバムでは、全部で8曲の演奏が収録されていますが
全ての曲でプレイヤーが違います。

 

ちょっと面倒くさいので(ごめん)曲別ではなく
一気にパーソネルを紹介しますで、ご了承を・・・。

 

たいていの曲で、オルガン ギター ドラムスのトリオに
あるとかテナー、もしくはトランペットを加えたコンボで
演奏してますね。

 

 

 

 

 

Side A

 

1.オール・デイ・ロング
2.ザ・チャンプ

 

 

Side B

 

1.ザ・サーモン

 

 

Side C

 

1.ミッドナイト・スペシャル
2.ジョニーが凱旋する時

 

 

Side D

 

1.カン・ヒート
2.フラミンゴ
3.プレイヤー・ミーティング

 

 

 

ジミー・スミス(オルガン)
ソーネル・シュワルツ(ギター)
ケニーバレル(ギター)
アート・ブレイキー(ドラムス)
ドナルド・ベイリー(ドラムス)
タイナ・ブルックス(テナー・サックス)
スタンリー・タレンタイン(テナー・サックス)
クエンティン・ワーレン(ギター)
ルー・ドナルドソン(アルトサックス)
リー・モーガン(トランペット)

 

 

 

関連ページ

クール・ストラッティン ソニー・クラーク
ジャズの名盤を、たばこの煙で一杯の薄暗いジャズ喫茶で、何時間も聴いていました。あの青春時代をジャズのアナログLPレコードで振り返りましょう!
ジ・アメージング・バド・パウエル
ジャズの名盤を、たばこの煙で一杯の薄暗いジャズ喫茶で、何時間も聴いていました。あの青春時代をジャズのアナログLPレコードで振り返りましょう!
サムシン・エルス キャノンボール・アダレイ
ジャズの名盤を、たばこの煙で一杯の薄暗いジャズ喫茶で、何時間も聴いていました。あの青春時代をジャズのアナログLPレコードで振り返りましょう!
ソニー・ロリンズVol.2
ジャズの名盤を、たばこの煙で一杯の薄暗いジャズ喫茶で、何時間も聴いていました。あの青春時代をジャズのアナログLPレコードで振り返りましょう!
グルーヴィ レッド・ガーランド
ジャズの名盤を、たばこの煙で一杯の薄暗いジャズ喫茶で、何時間も聴いていました。あの青春時代をジャズのアナログLPレコードで振り返りましょう!
「バードランドの夜 第1集」アート・ブレーキー
ジャズの名盤を、たばこの煙で一杯の薄暗いジャズ喫茶で、何時間も聴いていました。あの青春時代をジャズのアナログLPレコードで振り返りましょう!